視力をなんとかしたい!だったらICL

けれども患者さんの立場から考えれば目の中の手術になりますので、大きなおそれ感を感じます。

 

この事をICLといいますが、最近ではホールICLと言われており、レンズの中央部分に穴が開いています。

 

手術前の状況にほぼ戻せると言うのも大きな長所だといえます。

 

その結果電源を切る白内障等で白内障手術の年齢になるまでは入れたままの状況で問題ないのです。

 

けれども麻酔が効いていますので手術中に痛みを感じるなんて事はないのです。

 

レンズにはマルチフレックス、アルチザン等のようなタイプとそれ以外のタイプがあります。

 

穴が開いていることによって関内の水の流れがかなり良くなるため、熱上昇を防止可能なようになります。

 

角膜には触れませんので、最近ではその上新しいレンズが生まれた事で夜間のぎらつきなどを軽減できるようになっています。

 

それは患者さんの負担を和らげるする事につながりますし、光学経の拡大によって夜間の光のにじみを低減可能なようになっているのです。

 

普通には剛性近視の方が扱ってとなります。

 

光の屈折を変える事で近視や遠視乱視といった症状を治療する手術になります。

 

ICLの長所や悪い面について充分にと汲み取るしておく必須があります。

 

このタイプならその必須はないのです。

 

手術総額は角膜の手術に比較すると多額になると言う悪い面だといえます。

 

それでも目を大きく開けていると辛く感じるなら迎えたを避けられないの事実です。

 

 

屈折の度数が安定していて長所やデメリットも十分に習得できている方の場合にはICLをお勧めします。

 

ICLには良いところも悪いところもありますので、その点を認識しておくのは相当必須です。

 

ICLと言うのは目にレンズを挿入する事によって光の屈折を変更していきます。

 

穴が開いていなければ熱の上昇を防止するためにレーザー色彩切開術を行わなければなりません。

 

ICLのマックスの長所は生体マッチング性が非常に優れていて、長期間にわたって透明な様子を維持できます。

 

 

page top