視力をなんとかしたい!だったらICL

いつもはあまり片付けしないようなところのホコリもビューディフルに取り除いておいてください。

 

 

手術は、手術と検診で3時から5時間ほどかかります。

 

手術即日の持ち物もチェックしておきましょう。

 

また、繊維が飛びやすい衣服は手術に影響が出る事もありますので、着ないようにしてください。

 

特に乱視が入っているような事例や度数が高いケースには3ヶ月以上必要になる見込みもあります。

 

手術即日は、静電気が起きやすい衣服は着用しないようにしてください。

 

ICLレンズを注文してレンズが届かないと、手術は受けられません。

 

というのも、ICL手術で怖いのが感染症になります。

 

手術代金、点眼液、診察券、印鑑や同意書、ヘアーバンドなどです。

 

炎症が起きた事例には、2時ほど必要になる事もあります。

 

感染症の可能性はできるだけ下げるべきですので、個室が汚れているのであれば個室の大清掃をして、できるだけホコリがない様子にしておくと心配無用です。

 

レンズ発注してから作り出すレンズの時にも、製造してから輸送するまでがスムーズであれば2週間程度で届くケースが多々あるようです。

 

手術日までには、できるだけ個室の掃除をしておいてください。

 

予約するのは、手術日、翌日健康診断といった流れになります。

 

ヘアーが長い人は、ヘアーが目に入らないようにヘアーバンドなどを使用して充分にとまとめておいてください。

 

イヤリング、イヤリング、ネックレス類も外しておいてください。

 

フードのついたものやタートルネックの衣類といったものも控えてください。

 

手術自体は、問題がなければ1時もあれば終わります。

 

レンズが届いたら、手術の日程が決定します。

 

いつもは全く暮らしに影響しない程度のホコリも、術後の目にホコリが入ってしまうと、感染症を引き起こしてしまう確率があるという事をちゃんとと危険性を減らしておけるようにしてくださいね。

 

言うまでもなく整髪料や制汗スプレーといったものも控えてください。

 

1週間後健康診断は必ず受けるようにしてください。

 

 

page top