視力をなんとかしたい!だったらICL

では、確か性は問題なしなのでしょうか。

 

実用化から30年以上経過しています。

 

もちろん角膜を削る不可欠もありません。

 

最初に、角膜を削りません。

 

仮にのケースはレンズを取り出せるというのもメリットがあるです。

 

 

レーシックは数十年後のデータがないために、将来的にどんな感じでなるのかがすっきりしないという部分があります。

 

ICLの確か性について不安を感じている方も多いと思います。

 

そのせいで過去に集団での角膜感染症事件が起きてしまいますので、レーシックは危ないとい心象がついてしまいがちです。

 

それ故、万が一問題が起きた時には、レンズを取り出せば良いというのが安全性の高さの1つです。

 

ICL認定医だけが手術を行えるのも心配無用具材になります。

 

レーシックとは異なり、物理的なレンズを目に直接埋め込みます。

 

レーシックの時、過矯正による深刻な頭痛、眼精疲労といった症状が出る事もあります。

 

実用化が始まったのは1986年と30年以上という道のりがあります。

 

30年のデータから、術後における眼圧上昇や白内障のリスクが検証されています。

 

しかしICLなら、問題が起こった時にレンズを取り出す総額はフリーで行えますし、付け足しでお金がかかってしまうこともありません。

 

白内障になったときに手術が行えなかったり、目の病にかかったケースに治療をする選択の余地がせまくなるという危険性も最小限に抑えられます。

 

角膜を削るなどの加工を行う手術ではないのです。

 

レーシックも、最新の手術であれば白内障の手術ができるようになってきてはいますが、とどのつまり安心性という点ではICLの方が優れているといえます。

 

それにより、ドライアイにもなりにくいのです。

 

レーシックは、眼科専門医を取得していない意思であっても、手術を行えます。

 

ICLは次のような事から、確か性の高い治療方法だと腹積もりられます。

 

それを解消するためにも、開発されたものが今現在のICLです。

 

しかし、ICLはレーシックよりも歴史が歴史あるですし、1970年代から手術が行われています。

 

一度削った角膜は元に戻す手立てがないのです。

 

 

page top