視力をなんとかしたい!だったらICL

その場合には、眼内コンタクトレンズの方が良いでしょう。

 

フラップ組み立てによって引き起こされる角膜知覚低下がないためドライアイにもなりにくいという長所があります。

 

レーシックでは矯正できない強度近視も矯正でき、角膜が薄い事例や円錐角膜や角膜拡張症のリスクが高い時にも施術できます。

 

眼内コンタクトレンズはレーシックのように角膜を削ることはありません。

 

網膜投影像が小さくならないため、手術前に比べて矯正視力が向上します。

 

レンズを取り出して元の状況に戻せます。

 

 

前房虹彩支持型のフェイキックIOLとは異なり、レンズの偏位、脱落も起こしにくいのが大きな良い面だといえます。

 

術後の戻りもほぼないのですし、視力経過がとても安定しています。

 

レーシックは角膜を削りますので元に戻すのは非常に困難です。

 

眼内コンタクトレンズの安心性について考慮してみましょう。

 

長期間にわたって透明な様子を維持し、長期に渡ってレンズとしての働きを果たします。

 

しかも、レーシックが適応と見立てされた時においても、近視や乱視が強い方の場合には角膜を削る量がとても多くなりますので、視力が上がったとしても達成に見えない事例があります。

 

角膜が薄い人、剛性近視の人、軽いの円錐角膜の人など、レーシックを受けられない人でも、近視、遠視、乱視を矯正して裸眼で暮らし可能なようになるのです。

 

水酸化エチルメタクリレート、コラーゲンを抱負に含んだ親水性の柔らかい材質によって作られています。

 

レーシックによくある高次収差の増加もありませんし、コントラスト感度が上がります。

 

コラマーは生体順応性が高いですので目の中にいれても異物として認識されにくいのが特徴です。

 

レーシックに比べるとコントラスト感度が低下したり、ハロ・グレアなども感じにくいといわれています。

 

スペシャルなメンテナンスは必須もないのですし、目の中で長期的に透明な状態を維持できます。

 

 

page top